FC2ブログ

夢のエネルギーへ、実現化へ。

ついに、日本企業が植物なみの人工光合成の開発に成功しました!

完全に環境負荷のない、夢のエネルギーが近づきました。

欧州の危機は収束せず、ここからしばらく苦難の時代が続きます。しかし、それを越えたら、日本の国には古今未曾有の大繁栄が待っています。

ワールドメイトで予言された未来が、またひとつ近づいてきました。


■植物並みの人工光合成 パナソニックが技術開発

2012.7.30 19:54

 パナソニックは30日、自然の植物とほぼ同じ効率で光合成ができる、人工光合成の新技術を開発したと発表した。太陽光のエネルギーと水を使って二酸化炭素(CO2)を吸収し、有機物をつくり出すもので、人工光合成の効率は世界最高。平成27年度に自動車や発電の燃料として利用できるエタノールを同じ効率で生成することを目指す。

 地球温暖化と化石燃料の枯渇を解決する新たな手段と位置付けて開発。発光ダイオード(LED)に使われる光を吸収する半導体を利用し、希少金属の一種を触媒に使用した。従来の技術より効率が約5倍になった。

 エタノールはバイオ燃料として利用が進んでいるが、植物から生成するのは栽培や運搬で手間やコストが必要。実用化すれば、エタノールが労力を掛けずに生産できるようになる。