FC2ブログ

暑い暑い夏

しばらく更新をお休みしていましたが、相変わらず暑い暑い夏が続いています。

それもそのはず。地球温暖化、気候変動は確実に進んでいるのです。

「ペンタゴン・レポート」という衝撃的な予測で、2020年以降は海岸沿いの主要都市が水没する危険性が指摘されたことがありますが、NASAもまた「世界各地の異常気象は地球温暖化が原因」とはっきりと指摘しました。

ワールドメイトではいま、二の関越えの真っ最中。地球温暖化は終わったわけではありません。8日からはじまる琵琶湖の神事では、温暖化の防止を祈願する豆木もありますから、祈りを絶やさないようにしたいものです。

それにしても、暑い日が続きます。連日のオリンピックで寝不足という人も多いようですが、お体には十分気をつけて。


■「世界各地の異常高温は気候変動が原因」 NASA研究者が発表

(CNN) 2003年に欧州を見舞った熱波や10年のロシアでの熱波、昨年の米テキサス州の干ばつなど、各地で近年相次いでいる異常高温は気候変動が原因だとする研究結果を、米航空宇宙局(NASA)ゴダード宇宙科学研究所のジェームズ・ハンセン所長がこのほど発表した。

ハンセン氏は長年環境活動家としても従事してきた。科学誌、米科学アカデミー紀要(PNAS)に発表した研究で、過去60年間の世界の気温を追跡し、各地で夏季に異常な高温となる現象が「激増している」との見方を示した。

現在の気候を1951~80年と比較したところ、異常高温に見舞われる地域は全世界の陸上地域の0.2%未満から約10%まで拡大していた。

「これは気候モデルでも予報でもなく、実際に起きた現象や気温の観測結果だ」と、同氏は強調する。特定の現象だけでは説明がつかず、気候変動以外の説明は事実上あり得ないという。

「自然変動がこうした異常気象の原因となっている可能性は非常に小さい。その可能性に賭けるのは、仕事を辞めて生計のために毎朝宝くじを買うようなものだ」と、同氏は主張している。