FC2ブログ

夏の政局

政局が風雲急を告げています。

ワールドメイトで、今年9月から本格的な混乱が警告されていた中央政界ですが、本当にそのとおりに、にっちもさっちも動かなくなりそうです。

民主党からの小沢新党独立で始まった政界再編の大ドラマ。私たちはどこか特定の政党を応援したり、批判したりするものではありませんが、このドラマの行く末に、日本の未来に「朝日」がさします。

日本の未来が素晴らしくなりますよう、祈り続けたいと思います。


■生活などが不信任・問責案=自民、8日にも提出―解散めぐり緊張

2012年 8月 7日 21:12 JST

新党「国民の生活が第一」など自民、公明両党を除く野党6党は7日、消費増税関連法案の成立を阻止するため、内閣不信任決議案を衆院に共同提出した。また、自公を除く野党7会派は参院に野田佳彦首相に対する問責決議案を出した。一方、自民党は首相が今国会内の衆院解散を確約しない限り、8日中に独自に不信任案と首相問責案を提出する方針を固め、政局は緊迫の度を強めた。

 自民党内からは、首相と谷垣禎一総裁による党首会談での決着を求める声が上がっているが、首相は解散時期の明示には否定的。法案を審議している参院特別委員会は8日の採決でいったん合意したが、生活などによる不信任案や首相問責案の提出を受け、見送られることになった。

 不信任案を提出したのは生活、共産、新党きづな、社民、みんな、新党日本。提出理由で「国民の多くは消費増税法案に反対しており、今国会で成立させるべきではないとの声は圧倒的多数」と指摘。「国民への約束、国民の声に背く政治姿勢をとり続ける野田内閣は信任に値しない」と断じた。民主党幹部は、不信任案を採決する衆院本会議は10日になるとの見通しを示した。

 首相問責案は、生活、みんな、共産、社民、みどりの風、新党改革、新党大地・真民主が共同提出した。