四国、九州で地震

最近、西日本で地震が多くなってきました。

とくに、四国、中国地方など、これまで地震とは無縁と思われていた地域で、しばしば揺れます。

歴史的にみて、東日本と西日本の大地震は、10年以内に連動する形で発生することが知られていますが、ワールドメイトで予言されるとおり、いよいよそれが近づきつつあるのかもしれません。

富士箱根パース神業で、しっかりお祈りする必要を痛感します。


■愛媛、高知、大分で震度3

10日午前5時49分ごろ、四国、九州地方で地震があり、愛媛県愛南町、高知県宿毛市、大分県佐伯市などで震度3の揺れを観測した。気象庁によると、震源地は日向灘で、震源の深さは約30キロ、地震の規模(マグニチュード)は4.4と推定される。主な各地の震度は次の通り。
 震度3=愛媛県愛南町、高知県宿毛市、大分県佐伯市
 震度2=愛媛県宇和島市、高知県四万十市、大分県津久見市。(2012/10/10-06:16)