中国包囲網、着々と。

中国、韓国との領土問題解決を祈ったワールドメイトの富士箱根パース神業。神事終了の翌日、さっそく中国をけん制するすごい布石が打たれました。

日米、日豪の安全保障体制に加えて、「日印」という枠組みが本格化しつつあります。

インドといえば、人口規模で中国に次ぐ大国です。今世紀中には人口でもGDPでも中国に匹敵し、上回る可能性も指摘されています。そんな大国が、日本と連携したいといってきたのです。

これだけ自国が嫌われていることに、中国の国民が早く気付いてくれればいいのですが、ともあれ、日本としてはやるべきことを着々とやるしかありません。

領土問題も解決し、日本の安全保障体制が磐石なものとなるよう、祈るばかりです。


■インドと次官級対話 中国を牽制 豪州、欧州とも連携強化


2012.10.22 22:20

日印両政府は22日、東京都内の飯倉公館で外務、防衛当局の次官級対話(2プラス2)を行い、海賊対策やシーレーン(海上交通路)防衛など海洋安全保障分野での協力を強化することで一致した。海洋進出を強める中国を牽制する狙いがある。政府はインドに加え、オーストラリアなど米国と密接な関係にある国とも安保協力を強化しており、“対中包囲網”を構築したい考えだ。

 日印の次官級2プラス2は2年3カ月ぶり2回目。日本側は外務省の斎木昭隆外務審議官、防衛省の金沢博範事務次官が出席した。

 協議では、日本側が沖縄県・尖閣諸島を国有化して以降の日中関係や対中戦略環境について説明。インド側もインド洋沿岸国で影響力を増大させる中国を念頭に「問題の平和的な解決が必要だ」と強調した。双方は海洋での協力を検討する局長級協議を年内にも開催することで一致した。

 両国は今年6月に海上自衛隊とインド海軍が初めての2国間訓練を相模湾沖で実施。来月はシン首相が来日する。1月の新国防戦略でアジア太平洋重視を掲げた米国がインドとの軍事協力を進めており、日本もこれに呼応した形だ。