「安全保障のダイヤモンド」!?

安倍政権の安全保障政策が本格的に始動。昨年のワールドメイトの富士箱根パース神業でお祈りしたとおり、オーストラリアが日本の主要な防衛パートナーに浮上しつつあります。

米国、インド、豪州、そして日本というアジア太平洋の民主主義大国で「ダイヤモンド」を構成し、中国を封じ込めようという戦略はある意味、画期的なものです。第1次政権でも中国の封じ込めに成功し、「中国共産党はグリップされた」と白旗を上げさせた安倍首相の面目躍如たるものがあります。

無論、この背景には幾重もの神計らいがあるはずです。中国の脅威や韓国の挑戦を経て、日本が脱皮し、飛躍を遂げ、中国の人々も韓国の人々も幸せにできる国家となって、やがてミロクの世を建設できるよう、祈り続けたいと思います。


■安倍政権、豪州重視くっきり 安保協力拡大目指す

2013.1.13 23:21

岸田文雄外相がオーストラリアのカー外相との会談で、米国を含めた安全保障分野の協力を加速させる方針で合意したのは、海洋進出を進める中国を牽制(けんせい)する狙いがある。民主党政権下では豪州側の“片思い”が続いていたが、政権交代を機に「戦略的パートナー」として豪州重視を打ち出した形だ。

 安倍晋三首相は就任直後に発表した論文で、豪州、米ハワイ、インド、日本を結ぶ「安全保障のダイヤモンド」を形成する戦略構想を明かしている。

 この中で中国については、海上交通路(シーレーン)が通る南シナ海を「北京の湖」として影響力を増していると警戒を示し、インド洋と西太平洋の海洋安全保障を目的とした日米豪印の協力強化を訴えた。

 首相は第1次政権時代もアジア地域などで自由や民主主義、法の支配の定着を目指す「自由と繁栄の弧」構想を掲げた。日豪両国は平成19年の「安全保障協力に関する日豪共同宣言」を受け、物品役務相互提供協定(ACSA)や安全保障に関する情報保護協定に署名するなど着実に安保協力を進展させてきた。

 しかし、首脳・閣僚間の交流では豪州の一方的な熱意が目立っている。民主党政権時代の3年余りの間、豪州の首相や閣僚が来日したのは延べ22回だったのに対し、日本側はわずか7回。外務省幹部は「日本がどれだけ豪州のラブコールに応えられているのかという反省はある」と語る。

 豪州は昨年4月に米軍のローテーション展開を受け入れており、中国を念頭に置いた米国との関係強化に乗り出している。日本に対しても協力拡大を要請している。日豪当局者間の協議では、豪州側が日本に集団的自衛権の行使容認をたびたび求めているという。