東京にまた雪

命乞い形代は、ついに日本国民50クールの決裁を達成!支笏湖開き神事までにさらに10クールを目指してがんばりますが、皆が一丸となって目標を達成できたのは嬉しい話です。

今回の鉄人レースも、ワールドメイト東京エリア本部を衛星放送の中継会場として行われましたが、前回同様、雪雲を呼んだようです。今夜から東京を中心にまた積雪があり、しばらく雪の予報が続くそうです。

雪は神威発動の大きな証のひとつです。このままもっともっとご神威が発動し、日本と世界を覆う黒雲がすべて完全に吹き飛ばされるまで、節分神事、支笏湖開き神事に向けて盛り上がってまいりましょう。


■関東甲信で夜から雪、東京23区でも積雪見込み

 気象庁は21日、関東甲信地方で同日夜から雪や雨が降り始め、22日にかけて山沿いを中心に大雪となるとの予報を発表した。


 東京23区でも1センチ程度の積雪となる所がある見込みで、同庁は交通障害や路面の凍結などへの注意を呼びかけている。

 発表によると、21日夜から22日昼頃にかけて、本州の南岸を前線を伴った低気圧が発達しながら進む見込み。

 22日午前6時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多い所で、甲信地方で20センチ、関東地方北部山沿いで15センチ、同地方南部山沿いで10センチ、同地方北部平野部で5センチ、同地方南部平野部で2センチを見込んでいる。

(2013年1月21日05時58分 読売新聞)