氷見が世界を豊かにした?

神事中ですが失礼して、どうしてもこれだけは・・・。

最初の氷見神事が行われてから、はや10年あまり。神事のたびに驚くような証をいただくご神域ですが、この10年間、世界全体に巨大な財運が行き渡ってきたことを知る人はあまりいません。

この10年間に世界の人口は10億人増えましたが、世界全体のGDPは倍に増えたのです。そして、一人あたりのGDPも倍増しました。世界は確実に豊かになっているのです。

(2000年頃、世界のGDPは3千数百兆円、一人あたりでは5千ドルほどでした。しかし今、世界のGDPは7千兆円を越え、一人あたりでは1万ドルを超えています)

無論、この10年間といえば、世界中で歴史上最悪規模の激甚災害が相次ぎ、核戦争の危機やテロ、内乱なども続発し、先進国では不況や恐慌の危機が何度もありました。しかしそれでも、(日本も含め)先進国のなかでGDPを減らした国はなく、アメリカもヨーロッパも経済が拡大しているのです。

そして、2003年に誕生した新語「BRICs」という言葉が表すように、世界最大規模の人口と面積を誇る大国が一斉に歴史上に例をみない経済発展を遂げ、人々は豊かになりました(一人あたりのGDPで、ブラジルは4.5倍、ロシアは5.5倍、インドは3.1倍、中国は4.8倍)。これが世界全体に波及しています。2000年に国連が「絶対貧困ラインに苦しむ人々を、2015年までに半減させる」といって立てた「ミレニアム開発目標」は、すでに昨年、達成されたことが確認されました。

海から上がる巨大な財運をいただける竜宮の氷見神界がひらいてのち、世界は何度も何度も危ないところを救われ、同時にまた、桁外れの富が世界全体にまくばられてきたのです。こんなことはおそらく、人類史上初めて。奇跡です。

あまりにもとてつもない氷見神界のご神力ですが、こうして10年のスパンで眺めてみれば、いかに凄まじいものか実感することができます。

このご神威が、世界全体、日本国全体、そして私達一人ひとりにさらに確実に行き渡るよう、祈りの誠をきわめて神事に向かわせていただきたく存じます。