鳥インフル、強毒型に?

疫病のニュースで揺れる中国です。

豚の大量死など、キナくさい話題がたくさんありますが、やはり死者数が急に増えてきた鳥インフルエンザが心配です。どうやら人から人へ感染した可能性があるとのこと。冷や汗が出るような話です。

もっとも、今はWHOや日本政府もパンデミック対策の指針を策定しており、中国からもこうした感染情報が早期に出てくるなど、それなりの準備が整いつつあります。瞬く間に数億人がなくなるような巨大な悲劇の可能性は格段に低くなっているのです。この点、もし、ワールドメイトで2年前にパンデミック弭化のご神業をやっていなかったらと考えるとぞっとします。

とはいえ、鳥インフルエンザの死者が増えているのは気がかりです。こちらのほうも、たゆまずに命乞い形代を書き続けたいと思います。


■中国の鳥インフル、強毒型に変異か 人→人感染の恐れも

2013.4.3 08:43

中国国内で人への感染が確認された鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)について遺伝子解析などの結果、本来の弱毒性ではなく発症すると重い症状が出やすい強毒性で、人から人への感染の恐れがあるタイプに変異している可能性が高いと専門家が分析していることが3日、分かった。関係筋が明らかにした。

 世界保健機関(WHO)は「人から人への感染例は見つかっていない」としている。しかし変異が確認されれば感染が拡大する可能性もあるため、中国の保健当局と協力し、事態を注視していく方針だ。

 WHOはH7N9型の人への感染は初めてと確認。豚からの感染も疑われているが、上海市の川で3月に見つかった大量の豚の死骸との関係は不明。H7N9型は本来、弱毒性とされるが、中国国内での感染例は症状が重篤で、遺伝子解析の結果、感染した人体内で見つかったウイルスは強毒なことが分かった。さらに上海市で死亡した87歳の男性は、家族内での感染も疑われる状態だという。