与党圧勝

予想通りではありますが、参議院選挙は与党の圧勝。安倍政権は安定的な長期政権にむかって本格的に動き出しました。

思えば6年前の参議院選挙の敗北が、第1次安倍政権の退陣そして、その後の民主党政権誕生のスタートでした。

当時、私達ワールドメイト会員は、琵琶湖の神様に、日本が古今未曾有の大躍進を遂げるようお祈りしていたところですが、その後の展開に少し戸惑ったむきも多いと思います。外部からは「それみたことか。ご神示なんて嘘だ」と囃し立てる声まであったといいます。

それが今日のような結果を迎えるなど、誰が予想したでしょう。

第1次安倍政権当時の安倍首相は衆議院での絶対敵多数議席を、小泉元首相から譲り受ける形で政権をスタートさせました。確かに、まだ若く、経験も、ブレーンも足りない安倍氏では、日本を大躍進に導くことは難しかったのかもしれません。

しかし、挫折を乗り越え、今や何段階も強くなった安倍晋三ならば、不撓不屈の信念で必要な改革をやり遂げることができます。すべて尊い神試し、神鍛えだったのでしょう。

いろいろあっても、最後はきっと吉になるよう神様は導いておられます。

輝かしい明日を信じて、今日も祈り続けたいと思います。