中国で地震

中国で大きな地震があり、多くの方が亡くなり、家を失われたようです。被災者の方々のことを思うと、胸がつぶれそうです。

わが国には、幸いにも神仕組が降ろされています。阪神大震災や東日本大震災など、深い深いご神意に基づいた自然災害はあるものの、劫の吹き出しは最小限に抑えられ、ほとんどの災害は弭化していただけます。また、私達ワールドメイトの会員もそのように祈っています。

しかし、中国をはじめとする諸外国にはそうした恩恵はなく、こうしてひっきりなしに災害にさらされ、大きな悲劇が起こっています。

そして、私達の誠がもっともっと強力に結集するならば、世界のすみずみまで救済の力を常時行き渡らせることが可能だと伺っています。まだまだ、誠の結集、裾野の広がりが足らないからこそ、世界全体を救い切れないと考えるほかありません。

ワールドメイトの実質会員4万人達成まであとわずか。たくさんの神柱が集まれば、世界の隅々まで愛と平和が行き渡り、全人類を幸せにすることが可能になります。

やはり、お導きをがんばるしかないと、心に決意しました。


■中国・甘粛省地震の死者89人に、家屋倒壊で重傷者も500人超

2013年 07月 23日 12:37 JST

[北京 23日 ロイター] - 中国内陸部の甘粛省で22日発生した地震は、これまでに死者が89人となった。重傷者も500人以上いるほか、建物約1200棟が倒壊した。新華社が23日報じた。

米地質調査所(USGS)は、マグニチュード(M)5.9の地震が発生し、その約1時間半後にM5.6の余震があったと発表。中国当局は、最初の地震はM6.6だったと報告している。

新華社は地元当局者の話として、22日夜までに最大M5.6の余震が422回観測されたと報道。被災した岷県の医師は「家屋の倒壊で多くの負傷者が出た。1200棟以上の家屋が倒壊し、2万1000棟が激しく損壊した」と語った。

また、最も被害の大きかった定西市の当局は22日、2万7000人以上が家を失ったと発表。新華社の報道では、救急隊員ら約3000人が被災地に派遣されているが、土砂崩れや洪水の影響で救助活動は難航しているという。