第2の木星!?

すばる望遠鏡が「第2の木星」を発見したとのこと。

はたして「第2の木星」にはどんな神様がいらっしゃるのでしょうか。

木星と聞くだけでわくわくしてしまいますね。ご存知、木星は「幸運の星」。地上の願いをなんでも叶えてくださいます。みんな大好きな黄金姫様もいらっしゃる星です。

ワールドメイトでは木星の神様に直接願いを届ける方法を教えていただいています。秘鍵開示会や神法悟得会を受ければ、木星からの神霊的パイプが降りているご神域をいくつも教えていただけます。

それから、毎日毎日木星にお手紙を書けるのは木星絵馬代。21日間日切りして木星に願いを届けることで多くの人が絶大な証を体験しています。

そして、この時期はなんといっても豆木。「木星黄金姫・いただきっぱなし大金運豆木」を書き続け、金運がぐんとよくなったという人が続出しています。

夜空に輝く「希望の星」に思いをはせる・・・。今年はステキな夏になりそうですね!


■「第2の木星」発見、60光年先 すばる望遠鏡

2013年08月05日(最終更新 2013年08月05日 20時56分)

太陽系の外にあり、地球から約60光年離れた星を回る「第2の木星」といえる惑星を、米ハワイ島のすばる望遠鏡で発見したと国立天文台などのチームが5日、発表した。重さは木星の3倍から5・5倍程度とみられ、これまで直接姿が確認された惑星の中で、最も小さい可能性があるという。

 チームは、おとめ座の方角にあり、重さなどが太陽によく似た星を調べた。その結果、非常に暗い17~20等の惑星1個を発見。星と惑星の距離は、太陽と冥王星ほど離れていた。惑星は誕生から1億~2億年とみられ、表面温度は約240度。色の成分から、チームは大気中に雲が少ないとみている。