韓国のこと。

韓国のこと。

日々、理不尽な姿勢が報道され、不愉快になっておられる方も多いと思います。

ただ、私達は怒っても仕方ありません。大切なのは、ただただ、両国の民が幸せになるように、母性の祈りを捧げること。

急激に進む格差、学歴差別、地域差別などが、韓国世論が荒れる背景にあるといいます。脱北して逃げてきた人すら、もう一度北朝鮮に逃げ帰るほど大変な状況だとも言われています。国民全体が冷静な判断ができなくなり、ひたすら亡国の道を歩んでいるとしたら、これほどの悲劇はありません。

そうした報道の真偽はわかりませんが、ワールドメイトでは「人材の養成と魂の育成、朝鮮半島の経営は、富士箱根に勝るところなし」と明かされています。

いよいよ週末から富士箱根神業です。

さまざまな災いが、災い変じて幸運倍返しになるよう祈りを捧げたいと思います。



■韓国の反日 厄介なのは「嫌がらせ」自体が目的になってる点

■北へ帰る脱北者続出…「生き地獄」韓国批判