さあ、伊勢!

とにかく夏が暑かった今年でしたが、冬はまた、格別に寒くなりました。年末の今日、各地で大雪が降っているといいます。

そんななか、ワールドメイトの伊勢参拝、そして正月神業が始まりますが、雪が降るのはご神意が発動している証です。

ようやく軌道に乗り始めた日本経済は、このまま順調に回復して本当の大繁栄につながるのか。

中国、韓国等の理不尽な挑戦を安倍政権がしのぎ切り、打ち勝つことができるのか。

一向に進まない地球温暖化対策や、静かに根を張りはじめた鳥インフルエンザ。各地で頻発する民族紛争。北朝鮮の暴発。地震、津波、火山などなど・・・。

ちょっと考えただけでも、地球全体がひっくり返るようなリスクがあちこちにあるなか、2013年の世界と日本は奇跡のような安定を得て、順調に経済が回復しました。この流れを止めるわけにはいきません。

だからこそ、伊勢です。

年に一度、威儀を正して伊勢に集い、明年の国運の増進を祈ってきたからこそ、人類史的な危機のオンパレードのなかで、人類70億人と日本人1億3千万人が21世紀の平和と繁栄を授かってきました(これだけの危機に翻弄され続けている21世紀ですが、今世紀に入って世界人類の所得は倍近く伸びたことを忘れてはなりません!)。

さあ、伊勢です。

誠を込めて結集し、輝かしい明年のためにあらん限りの祈りを捧げようではありませんか。



―本年も拙ブログをお読みいただき、誠にありがとうございました。毎日、たくさんのアクセスと「拍手」をいただけることが更新の励みになっております。来年も、どうぞご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。