西日本で地震

深夜に想定外の地域で大きな地震がありました。

瀬戸内海周辺の出身の方々はよく「自然災害がとても少ない地域」とおっしゃいますので、さぞや驚かれたことでしょう。

具体的な被害がどの程度かまだわかりませんが、大きなものでないことを祈ります。

やはり日本は地震国です。そして今、活動期に入っています。

ここ何年も、ワールドメイトでは、首都圏直下地震や南海トラフ地震を弭化するために祈り続けてきました。その都度、大難を小難に、小難を無難にしていただきましたが、地震エネルギーが全て消えたわけではありません。

人類全体の劫が噴き出す時代だからこそ、油断せず祈り続けたいと思います。


■愛媛・西予市で震度5強 京都、兵庫でも震度3

2014.3.14 02:28更新

 気象庁によると、14日午前2時7分ごろ、愛媛県南予地方で震度5強を観測する地震があった。震源地は伊予灘で、震源の深さは約80キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は6.1と推定される。京都府北部や兵庫県北部などでも震度3を記録した。

 愛媛県によると、発生直後の時点で、運転停止中の四国電力伊方原発1~3号機(同県伊方町)に異常はないという。

 各地の主な震度は次の通り。

 【震度5強】愛媛県西予市

 【震度5弱】広島県安芸高田市、呉市、大竹市、東広島市、松山市、愛媛県久万高原町、宇和島市、八幡浜市、伊方町、愛南町、高知県宿毛(すくも)市、山口県柳井市、平生町、防府市、下松市、大分県姫島村、国東(くにさき)市、臼杵(うすき)市、佐伯市

 【震度4】鳥取県米子市、島根県出雲市、岡山市、岡山県倉敷市、広島市、高松市、高知市など