海水位、100メートル上昇の世界

今、世界中で静かに戦慄を広げている地図があります。

以下のリンクをご覧下さい。

■海水位、100メートル上昇の世界

「地球温暖化地図(Global Warming Map)」と題されたこの地図は、海水位が100メートル上昇した後の世界を描いたものです。今、科学者によって出されているいろいろなシナリオを読む限り、このまま温暖化が進んだら、決してあり得なくもない未来図です。

海水位が100メートル上昇しても、国土の7割が山岳である日本は、比較的そのままの姿で残りますが、東京、名古屋、大阪の三大都市圏を含む、全国の大都市はほぼ消滅。北海道は4分5裂し、九州北部も小島の集まりになります。

そして、5大陸の多くの国が壊滅的な被害を被ります。とくに、人口稠密な地域ほど水辺にあるため、数十億人が陸地を求めてさまよい、阿鼻叫喚の地獄絵図になる恐れがあります。

まさに、ワールドメイトのダ・ビンチコード秘鍵開示会で明かされた内容そのままです。

しかも、地球温暖化でここまで徹底的に痛めつけられたあと、今度は一転して逆の気候変動が起こり、高地で生き残った人類をさらなる悲劇が襲うことも予言されていますが、これもまた、いくつかの科学モデルによって示されています。

まさに、今、「二の関」のまっただ中ですが、こうした恐ろしい未来を回避するために、私達のご神業はあります。日々、命乞い形代を書き続けることがいかに大事かあらためて実感しますし、これから始まるゴールデンウィーク神業で人類全体に降りかかる災いを少しでも少なくしていただくことがいかに意義あることか痛感します。