くまモン、世界へ

またまたくまモンの話題。

正式に「海外進出」が解禁されるそうです。

くまモンは海外でも意外な人気があるとのことですが、自治体初の世界ブランドになれば快挙です。

おもしろいのが、ワールドメイトの阿蘇神事と連動する形で、くまモンが生まれ、人気が出て、ついに世界に飛び出すことです。

きっとアモン神が世界をまたにかけて大活躍しておられるのでしょう。

ベトナムやインドが軍事衝突も辞さない強い態度でのぞみ、中国はたじろいでいるようです。

中国政府が改心し、周辺国と平和的にやっていってくれたら、日本にとってもこれほどいいことはありません。


■くまモングッズ、世界へ進出 6月から海外販売本格解禁

2014年5月19日20時51分

くまモングッズ、世界へ進出――。熊本県は、同県のゆるキャラ、くまモンのキャラクターグッズの海外での販売を解禁する。海外での売れ行きが期待できるため、多くの企業から要望が寄せられていた。6月に企業向け説明会を開き、受け付けを始める。

 くまモングッズの海外販売については、偽物が出回ることへの懸念から、香港の一部百貨店に限っていたが、一定の商標登録が済んだことで解禁を決めた。

 販売できる国や地域は、中国、香港、台湾、韓国、シンガポール、タイ、EU、米国。グッズを販売したい企業は、県から利用許諾を得て、届け出る必要がある。熊本のPRにつなげるため、対象は県内の企業か、県内で製造・加工する企業、製造品に熊本県産品を使う企業に限定する。

 県国際課によると、商標登録が進んだことで、偽物にも法的な対抗措置がとれるようになったという。担当者は「60社ほどから希望の声が上がっていた。熊本の企業の活性化につなげたい」と話している。