夏風邪

「馬鹿は風邪引かないけど、夏風邪は馬鹿が引く」

という言葉がありますが、不覚にも夏風邪を引いて伏せってました。とにかく、喉が痛くて、咳が止まりません。

そういえば、咳がたくさん出るときは、先祖の戒告の可能性があると言います。しかし、北極免因も申し込みましたし、先祖供養も寿符もばっちしです。

おかしいな、思っていたら、そうでした。豆木がまだでした。といっても、節分の頃にしっかりと申し込んだのですが。。。

そういえば、新しい豆木も出てたなと、この夏に降ろしていただいた新しい豆木を奉納させていただいたら、不思議なことに咳が止まりました。いやはや、テキメンですね。

ワールドメイトの神事は、すべて意義と意味があり、貴重な天の機をとられて行われます。興味や関心を優先させて考えるのではなく、出されたものを出されたままに有り難く受けさせていただくのが大切であると、あらためて実感しました。