30年に一回以下

気象の異常は明らかにその激しさを増しています。

9月になっても天候の急変に怯える日々が続きますが、8月の天気は「30年に一回以下」の異常値だったとのこと。

ワールドメイトで予言されていた「二の関」は、これもまた予言されていたとおりに、地球環境に打撃を与えつつあります。

なかなか「二の関越え」の決定打が出ませんが、神は私達の祈りに応えて救済の道を降ろしてくださるものです。

小さな積み重ねであってもゆるぎない誠を捧げ続け、この危うい時代を乗り越えられるよう祈り続けたいと思います。



■8月天気:30年に1回以下の「異常気象」 分析検討会

毎日新聞 2014年09月03日 21時20分

8月の西日本の総雨量が観測史上最多になったことなどを受け、気象庁は3日、異常気象分析検討会(会長・木本昌秀東京大教授)を開き、西日本を中心とした大雨と日照不足について、30年に1回以下の割合で起きる「異常気象」だとする見解を示した。台風11号、12号の影響に加え、本州南東海上の太平洋高気圧の西への張り出しが弱く、南から湿った空気が日本に流れ込んだため、大気が不安定になったことなどが原因だという。

 気象庁はまず、検討対象に含めた「平成26年8月豪雨」の期間を7月30日〜8月26日とした。これに対し、検討会は8月7日ごろまでの大雨や日照不足の要因については、日本付近上空にある偏西風が例年よりも北に位置していたため台風12号が東に移動しにくくなり、西日本などに影響を与えたと指摘。さらに、本州南東海上にあった太平洋高気圧が本州付近では西への張り出しが弱く、南から暖かく湿った空気が流れ込み続けたため、積乱雲が発達した点も挙げた。

 広島市などで記録的な大雨や大規模な土砂災害が起きた同月8日ごろ以降については、台風11号のほか、偏西風が例年より蛇行しながら南側に移動したことに伴い、前線が本州付近に停滞しやすくなったためだという。

 偏西風が蛇行して南側に位置した理由は、太平洋東部やインド洋東部で海面水温が平年より上昇し、積乱雲が活発に発達した影響で東南アジアや南アジア地域では逆に積乱雲があまり発達しなかったためとしている。

 木本会長は会合後の記者会見で「今回の大気の流れは珍しい状況ではない。近い将来にまた豪雨が起きるかもしれず、自治体は対策を徹底してほしい」と述べた。