東京で鳥インフルエンザ


ちょっとひやりとするニュース。

東京都内で強毒性の鳥インフルエンザが発見されたそうです。

エボラだけでなく、鳥インフルやMERSなど、まだまだ油断できない疫病が根絶されていません。

ワールドメイトに降ろしていただいている、「エボラと、やばい疫病の拡散封印!!! 命乞い形弭化代」をはじめ、精一杯、祈り続けることで、災いを回避していただきたいと心から思います。



■都内の野鳥、初の鳥インフル検出…強毒性検査

2014年11月18日 00時03分

環境省と東京都は17日、江東区で回収した野鳥のホシハジロの死骸からA型の鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。


 動物衛生研究所で強毒性の高病原性かどうかを調べている。都によると、都内の野鳥から鳥インフルエンザウイルスが検出されたのは初めて。

 発表によると、死骸は13日に都に回収され、遺伝子検査で陽性と判明した。周囲の野鳥からウイルスは検出されなかったが、同省は回収場所から半径10キロを野鳥監視重点区域に指定し、監視を強化している。ホシハジロはカモの一種で、ヨーロッパやシベリア南部で繁殖。冬になると日本を含むアジアに飛来し、湖や河川で越冬するという。