宮崎でも鳥インフルエンザ

異常なペースで鳥インフルエンザが広がっています。

ついに、宮崎県で大量の殺処分となってしまいました。気の毒なことこの上もありません。

ワールドメイトでは以前から、鳥インフルエンザの脅威が近づくたびに、ご神力を奮い起こして弭化していただいていますが、しばらくして、ちょっと油断すると、また脅威が出てくることも警告されていました。昨年などはまったく鳥インフルエンザのニュースを聞かなかったので安心していたら、やっぱりまた出て来ました。

ちょうど、「エボラと、やばい疫病の拡散封印!!! 命乞い形弭化代」が降ろされているところです。災いを消滅させ、弭化していただくために、祈りを積み重ねてまいりたいと思います。


■高病原性「H5亜型」を確認…宮崎の鳥インフル

2014年12月16日 05時07分

 宮崎県は16日未明、簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出た同県延岡市北川町の養鶏場の鶏について、遺伝子検査(PCR検査)の結果、高病原性鳥インフルエンザウイルス「H5亜型」を確認したと発表した。県はこの養鶏場で飼育されている約4000羽の殺処分を始めた。


 養鶏場から半径3キロ圏内は鶏や卵の移動を禁じる移動制限区域に、半径3~10キロ圏内は域外への出荷を制限する搬出制限区域に設定された。移動制限区域内には養鶏場が1か所(8280羽)ある。搬出制限区域は大分県佐伯市の一部も含み、延岡市北方町に1か所(6500羽)、佐伯市に1か所(4800羽)の養鶏場がある。