地球温暖化。昨年は史上最も暑かった。

いよいよ週末からワールドメイトの伊勢でのご神業です。

忘れてはならないのが、地球温暖化の件。「二の関」はやはり越え難く、温暖化はどんどん進行しています。昨年の世界の平均気温は史上最高を記録したそうです。

このまま加速度がついていくと、いずれ大きな悲劇につながりかねませんが、国際会議はまとまらず、有効策も打ち出されずで、世界中が「手詰まり感」に覆われています。原発事故の影響で火力発電所を動かさざるを得ないという事情もあって、化石燃料を使うことへの危機感も薄まっています。

絶体絶命なのに、みんながその重要性も危険性も忘れ、「ゆでがえる」のようになっています。そういう時だからこそ、祈り続けるしかありません。神に祈り、神に開いていただき、神に導いていただくのです。

命乞い形代や人形・形代、神界霊璽に祈りを込めて、伊勢に向かわせていただきたいと思います。


■14年の気温、史上最高

2015年 01月 17日

 【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)と米海洋大気局(NOAA)は16日、2014年の世界の平均気温が、観測記録が残る1880年以降で最も高かったとする分析結果を発表した。

 過去約130年間で最も暑かった年の上位10位のうち、1998年を除く全ての年が2000年以降に集中しており、長期的な地球温暖化の傾向が加速していることもあらためて浮き彫りになった。

 ハワイのマウナロア観測所による大気中の二酸化炭素(CO2)濃度は、今年に入って危険水準とされる400ppmを再び超えた。