シドニー!!

ワールドメイトのシドニー開き神事の内容を深見先生から教えていただきました!

メルマガを読むだけで、気持ちがわくわくして、幸せになってしまいます。

それにしても、昨日の徳島の地震には驚きました。たしかに、地震の瞬間にぴんときましたが、地図でみると徳島はシドニーに対応しています。

かつて、大本教の出口王仁三郎師は「日本は世界のエナ」と喝破したそうです。すなわち、四国はオーストラリア大陸、北海道は北米大陸、九州はアフリカ大陸、台湾(当時)は南米大陸のエナ(ひな形)であり、本州はユーラシア大陸とそっくり。しかも、富士山の場所にはヒマラヤがあり、能登半島の位置にスカンジナビア半島があるといったデティールに至るまで、きれいに反映されているそうです。神様が、日本をエナとして、世界をお造りになったとのこと。

深見東州先生が、「本当の最奥神界は、日本にしかないのです」とおっしゃる理由のひとつがわかるような気がします。(このお言葉には、もっともっと深淵な意味があるはずですので、これ以上、私の浅はかな解釈は控えさせていただきます)

いずれにせよ、植松先生、深見先生の最初のご神業旅行から29年ぶりにシドニーが開かれるという、千載一遇の機会です。ありがたいことに、オンタイムでの衛生中継もしていただけます。

謹んで神事を奉納し、日本と世界の人々のことを第一として、祈りを捧げさせていただきたいと思います。