70年ぶりの日本領土拡大

小笠原諸島の西之島はまだまだ拡大中とのことです。

聞くところによるとここまで本格的に日本領土が拡大するのは、戦後70年の歴史で初めてだそうです。

国土の拡大はそのままご神力の発動の証です。

ワールドメイトのご神業が始まって以来、EEZの見直しによってまずは日本の「海」が拡大し、日本は表面積にして世界第6位、体積にして世界第4位の大きさの海を保有する一大海洋国家になりました。そして今、一昨年秋のご神業と連動するように噴火した西之島(新島)によって日本領が拡大しつつあります。

やはり、深見先生がおっしゃるように、前途洋々、未来はバラ色。みろくの世が遠からずやってくるというのは、本当のようですね。



■西之島、東にさらに拡大 一部は波の浸食受ける

 海上保安庁は24日、噴火が続く小笠原諸島・西之島(東京)が東方向に流れる溶岩でさらに拡大し、陸地面積が東京ドームの約52倍に当たる約246ヘクタールになったと発表した。昨年末の観測と比べて16ヘクタール拡大した。

 同庁が23日昼、航空機で上空から観察、高さ100メートル前後の火口からは1分間に5~6回、溶岩片を伴う噴煙が上がっていた。拡大の一方で、島の一部は波の浸食を受けているという。

 西之島は2013年11月の噴火でできた陸地と元の島が合体し、拡大を続けている。海保は今後、無人艇による島周囲の海底地形の調査を検討する。