2015年3月11日。

東日本大震災から4年がたちます。

直接被災をしなかった私達ですら、悲しくて苦しくて、痛恨と悔恨の入り交じった気持ちになる思い出です。ご家族を失われた方、津波で家を流された方々のお気持ちを考えると、さらに胸が張り裂けそうになります。

平穏無事ということがどれほどありがたく、また、どれほど大きな神の恵みによるものなのかと、しみじみと考えます。日本列島は活動期に入ってしまい、地球全体の気候がすっかり壊れつつある今、明日もまた、今日までのように平穏で無事に過ごせる保証はどこにもありません。

ワールドメイトの斎庭に集わせていただいたことを心から感謝し、深見先生を先達として、これからも日本と世界の人々のために祈り続けたいと発願を新たにいたします。