アベノミクスで日本経済は・・・

日経平均株価が19000円に到達しました。

アベノミクスが始まる前から比べると10000円以上も高くなったわかです。

当初から、ワールドメイトで深見先生は、アベノミクスは3年で本物になると教えていただきましたが、いろいろなことがあったものの、3年目に突入したアベノミクスは本格的に景気を上向かせつつあるようです。

もちろん、格差問題なども取り上げられていますので、まだまだ富と豊かさが国民全体に行き渡るには時間がかかりそうですが、いい傾向にあるのは間違いありません。

引き続き、日本の国の繁栄を祈り続けたいと思います。



■株、一時1万9000円回復=15年ぶり-東京市場

12日の東京株式市場は、前日の欧州株高や企業の賃上げによる本格的な景気回復に対する期待感から買いが膨らみ、日経平均株価は取引時間中としては2000年4月21日以来ほぼ15年ぶりに1万9000円台を回復した。午後1時01分現在は前日比284円61銭高の1万9008円13銭。
 前日の欧州市場では、主要株価が軒並み上昇した。また15年春闘で主要企業が大幅な賃上げに向かい、景気が回復するとの期待感が広がったことが株価を押し上げた。為替の円安も後押しした。(2015/03/12-13:39)