疫病の脅威は常にある

エボラだけはなんとか終息の見通しが立つかもしれない、というエントリーをさきほど掲載しましたが、ちょっと前なら聞いたこともないような新しい猛烈な疫病が次々と発生しています。

鳥インフルエンザの脅威が指摘されて久しいですが、いつ、なんどき、劇的な形で突然変異し、パンデミックに発展するかわかりません。

ワールドメイトでは、大きな脅威が迫るたびに深見先生と一緒に祈らせていただき、有り難くも今日まで深刻なパンデミックには至っていませんが、本当に鳥インフルが猛威を振るえば、国家単位、民族単位が消滅しかねない大災厄につながります。

幸いにも、北極免因超修法や「エボラと、やばい疫病の拡散封印!!! 命乞い形弭化代」など、災いを弭化していただくためにいろいろな切り札を降ろしていただいています。その一つひとつに感謝して、今日も祈り続けたいと思います。



■H7N9型鳥インフル、突然変異でパンデミックの恐れ=研究報告

2015年 03月 12日 15:27 JST

[ロンドン 11日 ロイター] - 英科学誌ネイチャーに掲載された科学者チームの調査報告によると、中国で発生し人への感染が起きているH7N9型鳥インフルエンザは突然変異によってパンデミック(世界的大流行)を引き起こす可能性がある。

研究では、香港大学のYi Guan氏が率いるチームが、中国の5省15市で、H7N9型インフルエンザの進化と拡大を調査。ウイルスが鶏の間でしばしば突然変異し、パンデミックに発展する可能性のある遺伝子変異を獲得しながら存続、多様化、拡大していることが分かった。人での再発の恐れが強まっており、脅威が増大しているという。

H7N9型ウイルスは2013年3月に人に感染。世界保健機関(WHO)が発表した2月のデータによると、これまでに、中国、台湾、香港、マレーシア、カナダで少なくとも571人が感染し、212人が死亡している。

中国政府が生きた家禽の市場を閉鎖し、鶏との直接の接触によるリスクについて警告を発したことなどで、いったんは収束したかに見えたが、昨年再び人への感染が増加した。

研究報告は「(ウイルスの)拡大と遺伝子の多様性、地理的拡大は、有効な制御措置が講じられなければH7N9型ウイルスが地域を越えて存続・拡大する可能性を示唆している」と述べた。

WHOはH7N9型ウイルスに関する最新の発表で「引き続き動向を注視する」としたが、「これまでのところこの型による全般的なリスクに変化はない」と述べた。