伊勢サミット?

来年のサミットの候補地に、伊勢志摩が浮上しているそうです。6月までには決まるとのことですが、「伊勢サミット」となればおもしろい話ではあります。
(もちろん、仙台や神戸、広島など、他の立候補地のどこでサミットが開催されても素晴らしい話ですが)

それにしても、この時期に、伊勢名前が急浮上したことは興味深い話です。まもなく、ワールドメイトの伊勢のエリア本部が建立されるところです。私も精一杯の奉賛をさせていただきましたが、伊勢のご神威が弥増しますよう、心からお祈り申し上げる次第です。

4月14日の伊勢参拝が、今から楽しみでなりません。


■サミット会場、6月までに決定=「伊勢志摩」も名乗り-安倍首相

 安倍晋三首相は10日の記者会見で、2016年夏に日本が議長国として開催する主要国首脳会議(サミット)の会場都市について、「6月にドイツで予定される先進7カ国(G7)サミットまでに決定する」との方針を示した。選考基準に関しては「警備、宿泊施設、会議場などさまざまな観点から総合的に検討していく」と説明した。
 これに先立ち、三重県の鈴木英敬知事は首相官邸に菅義偉官房長官を訪ね、同県の伊勢志摩地域へのサミット誘致を申し入れた。志摩市の英虞湾に浮かぶ小島を会場とすることによる警備のしやすさや、伊勢神宮や熊野古道を通じた伝統文化の発信を利点に挙げた。菅長官は「全くの白紙で検討している」と応じた。
 このほか16年サミットには、仙台市、新潟市、長野県軽井沢町、浜松市、名古屋市、神戸市、広島市が誘致を表明している。首相は会見で「開催地がどこになるにせよ、(東日本大震災からの)力強い復興を世界にアピールできるよう被災地の復興に取り組んでいく」と語った。 (2015/03/10-20:06)