箱根火山、さらに・・・

箱根火山の活動がさらに活発化しているようです。

大爆発が起きれば大変な話ですが、小さな水蒸気爆発でも、観光客減などで周辺自治体は大きく迷惑をこうむるはずです。

ただただ、何ごともなく火山活動がやみますようにと、ワールドメイトの命乞い形代などでお祈りを続けたいと思います。



■箱根山 マグマから発生の火山ガス量増加 噴火への注意必要

活発な火山活動が続いている神奈川県の箱根山で、専門家が火山ガスの調査をした結果、マグマから発生するガスの量が増えていて、引き続き、噴火への注意が必要なことがわかった。
箱根山で火山ガスの調査を行っている東海大学の大場 武教授は19日、立ち入り禁止区域となっている大涌谷から、およそ900メートル離れた場所で、火山ガスを調べ、二酸化炭素の割合が、5月11日に行われた前回調査に比べて、高くなっていたという。
大場教授は「(二酸化炭素の割合が)38だったのが、きょうは47に増加してきている。マグマから出ている地中の気体が、上に上がってきている」と話した。
大場教授は、活発な火山活動の収束には、3カ月ほどかかると指摘している。
最終更新:5月19日(火)15時50分