口永良部島が爆発的噴火

口永良部島が爆発的噴火しました。

ニュースではいろいろな映像が流れていますが、凄まじい大爆発だったようです。火砕流も発生したそうで、火山噴火の恐ろしさを思い知らされます。

報道では全島住民が避難できるとのことですが、やはり安否が気遣われます。高齢者の方も多いようですが、島外での避難生活や、その後の生活再建などのご苦労も心配です。

そして、日本全国、いつどこの火山が噴火してもおかしくない状況ですので、決して人ごとではありません。

一日も早く、口永良部島を含むすべての火山が鎮静化し、皆が無事に、幸せに暮らせますように祈り続けたいと思います。


■鹿児島・口永良部島が爆発的噴火 警戒レベル初の「5」

2015年05月29日 10時42分

■火砕流も発生 気象庁 

 29日午前9時59分ごろ、鹿児島県の口永良部島で爆発的噴火が発生した。気象庁は、噴火警報を発表し、噴火警戒レベルを3(入山規制)から5(避難)に引き上げた。警戒レベルが5へ引き上げられたのは初めて。気象庁によると、火砕流が発生し、海岸まで到達した。

 政府は、首相官邸の危機管理センターに官邸対策室を設置。海上保安庁は大型巡視船を派遣した。

 口永良部島は昨年8月3日にも噴火が発生した。住民は約100人で、噴火の翌日に住民や仕事で滞在していた人ら87人が島外に避難した。

 火口の西側にできた割れ目から活発に煙が噴出し、火山性地震も増加傾向にあることから、活動は高まった状態が続いているとみて、警戒を続けていた。