韓国、MERSで死者

悲しいことに韓国のMERSで亡くなった方がおられます。謹んでご冥福をお祈り申し上げるとともに、韓国政府が毅然とした態度と決然とした行動で、これ以上の感染拡大を食い止めてくれることを期待します。

毎日のように自然災害や新しい疫病のニュースが流れてきますので、もう「慣れっこ」になってしまったしまった感がありますが、10年も前にはこのようなことは非常に珍しいことでした。まさに、植松先生や深見先生がずっと以前からおっしゃっていた「人類全体の劫が噴き出す時代」がやってきたことを実感します。

しかし、だからこその神仕組です。山があり、谷があっても、人類がこれを乗り越えたら、やがてミロクの世がやってくるはずです。そう信じて、日々、人類全体の幸せを祈り続けたいと思います。



■韓国で広がる中東呼吸器症候群、初の死者2人

2015年06月02日 10時27分

【ソウル=吉田敏行】韓国保健福祉省は2日、中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスに感染した入院患者2人が死亡したと発表した。

5月20日に韓国で感染者が確認されて以来、初の死者。感染者数も増えており、渡航先の中国で発症が確認された男性も含めると同国の感染者は25人に達しており、日本の外務省は渡航する観光客に注意を呼びかけている。

 発表によると、死亡したのは男性(71)と女性(58)でいずれも入院中だった。2人は韓国で最初の発症者となった中東から帰国した男性(68)と一時期、同じ病棟にいたことから、二次感染した疑いが強いという。

 また、新たに感染が確認された患者のうち2人は、二次感染者と同じ病室に入院していたことが確認された。韓国政府は1日、682人に隔離措置を取ったが、韓国内ではさらに感染拡大への不安が広がっている。

2015年06月02日 10時27分