一歩、また一歩と偉大な歩みが。

ISPSハンダグローバルカップの大成功を心よりお祝いいたします。

それにしてもまた、深見先生は偉大な足跡を残されました。「チャリティーを進化させ、スポーツの力で社会をよりよく」という普遍的なフォロソフィーに世界中から多くの方が賛同され、また、「世界に通じるグローバルなゴルフトーナメントを!」という志が日本の地位をまたひとつ向上させました。

正直、大きな試みとなった今回ですから、やっかんだり、ひがんだりする人々からの反発ももっとあるかと思っていましたが、一部週刊誌がなにかさっぱり意味のわからない理屈をこねたものの、そんな内容など気にする人はほとんど皆無。

最近では駅でも電車でもどこにいっても深見先生のお顔にお目にかかれますが、「半田さんって、ワールドメイトの深見さんでしょ?すごいね」と素直に関心する声を普通の人々の普通の会話のなかに聞いて、思わずにんまりすることが増えてきました。

一歩、また一歩と偉大な歩みを積み重ね、深見東州先生はついにここまで来られましたが、深見先生はまだまだ若く、本当の意味で活動に脂がのり、爆発的に開いていくのはこれからです。

いったいどんなすごい未来が待っているのか。会員としては、ただただ、ひたすらに楽しみであります。



■ISPSハンダグローバルカップ 2015