韓国MERS、終息。

韓国がMERSの封じ込めに成功したそうです。ひとまず安心。

しかし、隣国で突如発生した恐ろしい疫病のニュースには肝が冷えました。幸いにも、日本への上陸はありませんでしたが、韓国ではたくさんの方がお亡くなりになっていますし、一歩間違えばさらに拡散する懸念があったわけです。お亡くなりになった方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

少し前まで想像すらしてなかったことですが、疫病が頻発し、猛威を振るう時代になってしまいました。ワールドメイトで教えていただいたとおりの事態です。幸いにも、ワールドメイトでは、「エボラと、やばい疫病の拡散封印!!! 命乞い形弭化代」が出されています。やはり、転ばぬ先の杖でふだんから祈り続けようと心から思いました。


■韓国 MERS国内感染の隔離対象者なくなる

7月27日 15時16分

韓国で感染が広がった「MERSコロナウイルス」で、韓国政府は27日、国内で感染した疑いがあるとして隔離しなければならない人はもういなくなったと発表し、市民の間で、流行が終息するのではとの受け止めが広がっています。
韓国ではことし5月、中東から帰国した男性から「MERSコロナウイルス」の感染が広がり、これまでに186人が感染、このうち36人が死亡するなど、アジアで初めての大規模な流行になりました。
韓国政府は、流行を食い止めるため国内の病院などで感染した疑いがある人を自宅や医療機関での隔離の対象としてきましたが、政府は27日、隔離の対象者はいなくなったと発表しました。ただ、いなくなったのは、国内で感染した疑いのある人のみで、中東から帰国し国外で感染した可能性を排除できない人が15人いて、現在自宅での隔離の対象にしているということです。
WHO=世界保健機関は、MERSの流行の終息を宣言する基準として、すべての感染者が回復してから28日間、新たな感染者が出ないことを挙げていますが、韓国政府によりますと、まだ治療を受けている人がいるということです。このため、国際的な基準にのっとった流行の終息宣言までにはまだ時間がかかるとみられますが、MERSで外国からの観光客が減少するなど、経済的な打撃が大きいだけに、市民の間で、流行が終息するのではとの受け止めが広がっています。