安倍内閣、支持率が少し持ち直す

ワールドメイトのお盆のご神業の間に、安倍内閣の支持率が少し持ち直したようです。

もちろん、私達ワールドメイト会員は特定の政党や政治家を支援したり、応援したりすることはありませんが、国にとって大事な時期に、必要な指導者が十分に力を発揮をしていただくことを祈っております。

どんな政党であれ、政治家であれ、いいところも間違ったところもあるでしょうから、とにもかくにもいい方向に進んでいただきたいと思いますが、今回は深見先生の解説をお聞きして、日本の政治や国際情勢の重要な課題がよくわかりました。

神仕組というお芝居の舞台がどんどん進み、世界は少しづつ良い方向に向かっています。そして、いずれミロクの世が来るはずです。

しかし、そこに至るまでに幾多の山坂困難が予測されます。それらの大難を小難に、小難を無難にまつり変えていただくのが私達の願いです。

今後も、日本の国のため、国民のために祈り続けなければという思いを強くしたお盆のご神業でした。



■安倍内閣支持率が70年談話効果で43%に回復 産経・FNN合同世論調査

2015/8/18 12:54

安倍晋三内閣の支持率が43.1%に回復したと、産経新聞社とフジテレビ系ニュース「FNN」が2015年8月17日、合同世論調査の結果を明らかにした。

それによると、調査は、15、16両日に行い、7月18、19両日の前回より3.8ポイント改善した。安倍首相が8月14日に発表した戦後70年談話について、「評価する」とした回答は57.3%に上り、「評価しない」の31.1%を上回っており、談話が評価された結果とみられる。