スーパームーン

今日は一年で最も大きなお月様となる「スーパームーン」が見れそうです。

私達、ワールドメイトの会員にとっては天空に浮かぶ月や星は単なる「物体」ではなく、神宿り、神居ますところです。とりわけ、お月様には深見先生に「星ツアー」で何度も連れて行っていただいています。夜空をみるたびに感慨深いものがあります。

さて。友人に深見先生の「強運」をお渡しして、お月様を眺めるコツを覚えていただきますか。



■今宵はスーパームーン 見られる所は

2015年9月28日 9時12分

今夜は、今年最も大きい満月(スーパームーン)が見られます

今夜は満月ですが、なんと月が一年で最も地球に近づくため、一番大きく、明るく見えます。
これをスーパームーンと呼んでいます。

月が地球にもっとも近づく時刻は午前10時46分
満月になる時刻は午前11時51分
月が地球に最接近する時間と満月になる時間の差はほぼ1時間で、これがピーク時です。

日本ではピークの瞬間は昼間のため見ることは出来ませんが、今夜はほぼ満月です。
夕方以降空が暗くなったらスーパームーンを探してみて下さい。
東京の日の入りは17時30分、月の出は17時40分です。太陽が沈むとすぐに東から月が現れます。

また、月だけを単体で見ても、その大きさを感じにくいでしょう。
日没直後=月が地平線から昇り始める頃は、地上にある物との対比がしやすいため、月を大きく感じることができますので、早々と空を眺めてみて下さい。

スーパームーンが見られそうなところは、晴れる九州北部から東海地方です。
関東地方は夜は雲が広がりやすいですが、夜のはじめ頃ならなんとかみられるでしょう。
日没直後は可能性は大きいですが、夜遅くなればなるほど確率が低くなります。

九州南部と北陸、東北、北海道は厚い雲に覆われ、にわか雨や雷雨の所があるため、可能性は低いです。
ただ、あすは北陸、東北、北海道の天気は回復するので、大きな月が見られる所が多くなるでしょう。