気がつけば、師走です。

ワールドメイトの祈祷会が無事、終了しました。

神様、そして、お取り次ぎ下さった深見先生に、心から感謝を申し上げます。身辺では、早速に「証かな?」と思うことが出始めていますが、具体的な内容はまた、後日、メルマガなどで教えていただけるとのこと。楽しみです。

さて。気がつけば師走です。毎年、秋口からこの頃にかけては、来年の予兆が出始めるそうです。そして、年末のご神業、お正月神業と続いて松の内が明け、節分からの冬神業を経て、名実とも、そして顕幽ともに新しい一年が始まります。

年の瀬が押し迫ってくると気ぜわしくもありますが、だんだん気が濃くなるのを感じ、また、心の底から神様が恋しくなってきます。今年のうちにやるべきことをやり残しなくやりきることが大切です。そして、思いっきり、神への慕情を前に立て、一年の締め括りのご神業に精進させていただきたいと思います。