都心に初雪

都心に初雪が降りました。

ようやく、冬神業らしい、身を切るような風が吹いて、気分も引き締まってきましたし、昨日、暖冬のことを書いたばかりですので、なんだかほっとします。

冬は冬らしく、夏は夏らしくあって、はじめて正常です。暖冬傾向であることにはかわりないようで、地球温暖化への備えはどうしても必要だと思います。

ワールドメイトで降ろしていただいている命乞い形代などに、しっかりお祈りさせていただきます。


■都心・横浜で初雪…厳しい寒さ、13日まで続く

気象庁は12日、東京都心で初雪を観測したと発表した。

 上空に入った寒気の影響で、東京・大手町では同日午前3時55分頃に雪が降り始めた。同5時10分頃にはみぞれに変わり、その後、雨になった。

 東京都心の初雪は平年より9日遅く、昨冬より29日遅い。東京都千代田区では同日午前6時半過ぎの気温が1・9度となり、今季一番の冷え込みとなった。

 この日は横浜市でも初雪を記録した。こちらは平年より5日遅く、昨冬より18日遅い。

 同庁によると、厳しい寒さは13日まで続き、東京では都心で雪がちらつくほか、山間部では1センチ程度の積雪になる可能性があるという。

2016年01月12日 10時50分 Copyright © The Yomiuri Shimbun