アジア太平洋の新しい時代

立春の今日、ニュージーランドでTPPの署名式が行われました。

世界のGDPの4割をカバーする、アジア太平洋の新しい時代が始まりそうです。

今年の節分神業では、ニュージーランドが開かれます。本当に本当に新しく、大きなものが始まる予感がして今から楽しみです。

私達一人ひとりが、この冬神業をどう過ごすかは大事です。日々、祈り、日々、ご神縁をつなげ、充実した冬神業を過ごしていきたいと思います。



■TPP ニュージーランドで署名式行われる

2月4日 9時03分

日本やアメリカなど12か国が参加したTPP=環太平洋パートナーシップ協定の署名式が、ニュージーランドで行われています。
TPP=環太平洋パートナーシップ協定の署名式は、日本時間の4日午前7時40分から、ニュージーランドのオークランドで、12か国の担当閣僚らが出席して行われています。

TPPは日本やアメリカなど世界の経済規模の4割を占める12か国が参加した、アジア太平洋地域の新しい貿易ルールとなる協定です。5年半にわたる交渉の末、去年10月、大筋合意に達し、その後、ニュージーランドが中心となって協定文書の取りまとめを進めていました。

署名式には日本からは高鳥内閣府副大臣が参加していて、閣僚らはこのあと共同記者会見を開いて、協定の早期発効に向けて自国の国内手続きを本格化させる決意を示す見通しです。

閣僚らは署名式に先立ち会合を開き、TPPへの参加に意欲を示している韓国やインドネシアなどへの対応や、協定の早期発効に向けた自国の状況などについて話し合ったものとみられます。

TPPの発効を巡っては、アメリカで議会の審議を11月の大統領選挙のあとに先送りするべきだという意見が出ていて、協定がいつ発効できるかは不透明です。