どんな素晴らしいことが起きるのでしょうか。

冬神業がクライマックスに近づいています。

ワールドメイトが主催する大きなご神業もありますし、人それぞれにご神業もあります。

冬の間の過ごし方で、一年間の方向性は大いに変わると教えていただいた記憶があります。

冬のこの時期だからこそ、神様を恋い慕う気持ちが熱烈に湧き上がってきます。祈り、学び、お導きして、御魂の恩頼を授かり、多くの人に広めて徳を積ませていただいたぶん、きっと素晴らしい年になるはずです。

アフリカで史上最大級のダイヤモンドが発見されたというニュースもあります。きっと、ワールドメイトにも、深見先生にも、私達一人ひとりにも史上最大級の宝物が授かるように思います。

楽しみですね。




■404カラットの巨大ダイヤ、アンゴラで発見

ニューヨーク(CNNMoney) 鉱山開発会社のルカパは15日、史上最大級となる404.2カラットの巨大ダイヤモンドがアフリカ南西部アンゴラの鉱山で発掘されたと発表した。

巨大ダイヤはアンゴラダイヤモンド公社などとの共同プロジェクトで発見された。直径は7センチとクレジットカードほど。米小売り業者が色や透明度の鑑定を行った結果、不純物がほぼゼロのダイヤと判定したという。

色は完全に無色の「D」判定。米宝石学会によれば、これはホワイトダイヤモンドの中では最も希少で高い価値がある。

同プロジェクトでは2015年からアンゴラ中部の鉱山開発に着手し、これまでに「大粒の特別なダイヤモンド」を60個以上産出しているという。

ルカパはオーストラリアの証券取引所に上場しているが、今回の発表を控えて数日前から取引を中止していた。15日に取引が再開されると株価は30%急騰した。

同社のマイルズ・ケネディ会長はオーストラリアのABC放送の取材に対し、このダイヤには2000万ドル(約23億円)程度の価値があると語った。

アンゴラは世界4位のダイヤモンド産出国。今回のダイヤは、2007年に発掘された217.4カラットのダイヤ「アンゴラの星」を上回って同国では史上最大、これまでに世界で発見された中では27番目の大きさになる。

史上最大のダイヤは南アフリカで1905年に発見された3106カラットの「カリナン」で、原石はカットされて英国の王冠にあしらわれ、ロンドン塔に展示されている。