「等身大形代伝説」を体験しよう。

冬神業のクライマックス。

少しあたたかい日々が続いていますが、冬らしい濃い気のなか、神様を身近に感じて幸せです。

しかも、今年は2月27日のす神降臨の日に、ワールドメイトでは氷見のご神業が行われます。そして、氷見では数え切れないほどのたくさんのお取り次ぎをしていただく予定とのことです。(たとえ、お取り次ぎが延期になったとしても、それはそれで吉。神様はちゃんと受け取ってくださるのですから)

冬神業らしく豆木をたくさん届けていただきましたが、霊璽もあり、玉代もあり、奇魂寿符もあり、人形形代もたっぷり書くことができます。なんと幸せな日々でしょうか。

とりわけ、多くの会員が楽しみにしているのは等身大形代です。

私自身も毎回のように実体験していることですが、等身大形代の表と裏にびっちり書いた願い事には、必ずといっていいほど、なんらかの証があります。特に、神事会場で書かせていただいたものには、迅速で、わかりやすい証がいただけます。

誰にだって、願い事はたくさんあります。そして、等身大形代へかけた願いは、速やかに叶うべきものは速やかに、じっくりと時間をかけるべきものはじっくりと腰を据えて叶います。また、叶わないほうがむしろ幸せになる場合は、そのことをはっきりとわからせていただきながら軌道修正していただけます。ありがたいことです。

氷見のご神業でまた、等身大形代へたくさんの願いをかけさせていただきたいと思います。

本当に、本当にありがたい冬神業です。