清々しいけど、やや重いかな・・・

冬神業中の黄金の一週間です。

神様に祈り、語りかけ、神様とともに生きながら、週末の氷見神業にむけて極めていきます。

吹く風が清々しく、そのなかにほの暖かさを感じる至福の時間・・・。

と感じるのですが、ややどこか重い気もします。

なぜかな?と思っていたら、ふと気がつきました。

ワールドメイトからたくさんの豆木を送っていただいています!そうです。有り難いことに、今、豆木シーズンのど真ん中にいるのですね。

獄界のふたが開き、今か今かと救済を待ち望んでおられたご先祖様たちがおられるのでしょう。それにしても、ご先祖様がお出ましになる時はテキメンですね。

もちろん、毎年、毎年、たくさん豆木を書かせていただいていることもあってか、年を追うごとに豆木の時期に感じる重さは緩和されていくように感じます。(会員が増え、救済されるご先祖様の人数も劫の量も増えるために、どんどん苦しくなられる深見先生に申し訳ないような気がします)

ともかく、今年もたくさんの獄界先祖霊を救っていただけるのは間違いないようです。獄界先祖霊は私達の性格や考え方に大きな影響を与え、運気を大きく左右する存在です。これだけたくさん救っていただけるということは、今年はどんなに素晴らしく開いていくことでしょうか。