家族や周囲の人々の幸せを永続するために。

先日、豆木について書きましたが、豆木についてはもうひとつ忘れてはならないことがあります。

「お導き」です。

大切に思う家族や友人がいて、その方々の永続する幸せを祈るのであれば、「布教促進の赤い糸豆木」は絶対に外せないといって過言ではありません。

私達、ワールドメイト会員は幸せです。生ける実在の神を掌握させていただき、いつ、どんな時も神様と対話し、交流し、神様とともに人生を切り開いていくことができます。人生、うまくいくこともあれば、思うにまかせないこともありますが、それらを「人生の本義」に即してとらえ、魂と心の糧として、生成化育、進歩発展の毎日を雄々しく過ごすことができます。

寿命が尽きてあの世に帰る日になったら、神様に迎えに来ていただいて、そこからまた、永続する幸せな日々が始まります。生きても幸せ、死んでも幸せ。魂に備わった信仰心は未来永劫にわたって光り輝き、私達に永続する幸せを与えてくれます。私達、ワールドメイト会員は本当に幸せです。

ところが、神様のご加護によって、両親や兄弟、そして、子ども達に、その都度、その都度、素晴らしい証をいただけたとしても、大切な人々に未来永劫にわたる幸せをいただくには、本人たちが信仰に目覚め、神とともに生きることの喜びを感じ、体得してもらうしかありません。そしてそれは、神仕組が降りている今、(基本的には)生きているうちにやっておかなければ、体得しようにも時期を逃してしまうのです。

もちろん、私達は日々、周囲の人々に一生懸命、信仰の素晴らしさをお伝えをしてはいますが、それは強制でも、脅迫でもあってはならず、本人の内心からおのずと湧き上がるものであってこそ本物です。だからこそ、布教促進の赤い糸豆木などをしっかりと書き、本人の神なる心が芽生えるよう、手助けすることが望ましいと思います。

会員が何万人も増える可能性があると聞いていますが、すべて私達の祈り次第、努力次第です。天界のふたが開き、獄界先祖が救われる千載一遇のチャンスですから、今、できるときにできるだけのことをしておきたいと切に願います。