ジカ熱はさらに深刻に。

ジカ熱のほうも、放ってはおけない状況です。

外国人である私達なら「行かなければいい」で済むかもしれませんが、流行地に住む方々にとっては大変な恐怖です。生まれてくる子どもの一生にかかわることだけに、根本的な解決を祈ります。

今まで聞いたこともない病気が蔓延する時代だからこそ、神仕組が降ろされています。北極免因超修法や命乞い形代などに祈りを込めたいと思います。


■ジカ熱流行地域、妊婦は渡航自粛を…WHO勧告

2016年03月09日 11時12分

ブラジルなど中南米を中心に流行しているジカウイルス感染症(ジカ熱)について、世界保健機関(WHO)のマーガレット・チャン事務局長は8日、妊婦は流行地域への渡航を控えるよう勧告する声明を発表した。

妊婦のジカ熱感染と胎児に小頭症などの症状が表れることの関連性は最終的には確認されていないが、WHOは、感染した妊婦の羊水からウイルスが検出されたことなどを重視。チャン氏は、「ジカウイルスに、脳や神経に影響を及ぼす性質があるのは確かだ」と明言した。

 また、ジカ熱は主に蚊が媒介すると考えられてきたが、声明は「性交渉による感染がこれまで考えられたより多い」と指摘した。

 WHOは2月1日、ジカ熱の感染拡大を受けて「国際的な公衆衛生上の緊急事態」を宣言した。その時点では「妊婦の流行地域への渡航延期は選択肢」との表現にとどめていた。