日本近海、波高し。

中国やロシアの軍艦が次々と日本領海、近海に出没しています。つい先日は、北朝鮮もミサイル発射を試みました。

先日、ワールドメイトで行われた氷見神業のなかで、日本周辺を含む領土問題等の紛争解決をお祈りしましたが、やはり、まだまだ安心はできないようです。

日本国民が「そこにある脅威」を認識し、政府がしっかりとした対応をとることで、「万一」のことが起きない備えは大切ではないかと思います。参議院選挙の趨勢にも影響するかもしれませんが、神仕組のドラマは人智を超えたところにありますから、この後、何がどう展開していくかはよくわかりません。

いずれにせよ、中国やロシアも平和を旨とするよう改心し、日本近海が波穏やかになるよう祈り続けたいと思います。



■中国軍艦が領海侵入=04年以来、鹿児島沖で


■中ロ軍艦「尖閣」同時侵入、問われる日本の忍耐