九州に豪雨被害。

九州の豪雨が止みません。

地盤が心配される熊本・大分地震の被災地にも雨が降り続き、人的被害も拡大中と報道されています。お亡くなりになった方のご冥福を心からお祈り申し上げます。

水不足が心配されていましたので「恵みの雨」はありがたいところではありますが、被害が出るのは困ります。九州をはじめ、全国的に適度な雨にとどめていただきますよう、お祈りしたいと思います。


■九州で激しい雨、62万人以上に避難指示・勧告

2016年06月22日 12時15分

活発な梅雨前線の影響で九州地方は、22日も未明から朝にかけ断続的に激しい雨が降った。

 各地で河川の増水や土砂崩れが発生。福岡、長崎、熊本県などで62万人以上に避難指示・勧告が出ている。

 福岡県久留米市では22日朝、水田の様子を見に行った農業野中長伯たけのりさん(86)と連絡が取れなくなった。県警によると、用水路(幅約70センチ、深さ約50センチ)に転落した可能性があるという。

 JR九州は佐世保線肥前山口―佐世保間で運転を見合わせるなど、一部の列車に運休や遅れが発生。高速道路も九州自動車道八女―植木IC間などの一部区間が通行止めとなった。