来月4日、パリ協定が発効。

来月4日、パリ協定が発効すると発表されたそうです。

京都議定書の際は、日本とヨーロッパが大変な努力をしましたが、米国や中国などの大排出国が最終盤までそっぽを向いたため、あまり実際の効果を上げることなく、温暖化を加速させてしまいました。パリ協定は米国、中国の同時参加があり、欧州議会もスピード採決で参加を決めたため、非常に短期間で発効します。日本が出遅れているのが気になりますが、日本政府も閣議決定や国会での批准手続きを急ぐといいます。

温暖化促進ガスによる温暖化の進行だけでなく、太陽活動の低下による寒冷化の到来を予想する説もあり、気候変動は人類の予測を超えた方向に進みつつありますが、神様は好きでこういう試練を降ろされたのではないはずです。地球気候に人類が一丸となって対処することを通じて、人類文明が一歩も二歩も進み、ミロクの世に近づくプロセスは尊い歴史の一頁となるはずです。

全人類の幸せを祈り、ミロクの世の到来を祈り続けたいと思います。


■温暖化防止のパリ協定「来月4日に発効」 国連が発表