天界の蓋が開きました。

深見先生にお正月神業のお取り次ぎをしていただき、2月4日の立春を迎えました。

節分から2月27日頃まではワールドメイトの会員にとっても最も大事な「冬神業」です。深見先生がお誕生日をお迎えになる3月中旬か下旬くらいまで余波が続くそうですが、とにかくこの時期にどれだけ御魂の恩頼をいただくかで、一年間が決まると言えます。

今年はいったいどんなドラマがあるのでしょうか。

嬉しいことに、節分神業としてのマッターホルン開きでこの天の時を過ごさせていただけます。

ますます進化し、パワーアップするご神業のドラマに心躍るものを感じながら、静かに深い祈りを積み重ねて向かわせていただきたいと思います。