フランスもEUを離脱する!?

フランスで「極右」ル・ペン氏が大統領になる確率が高まっているそうです。

ル・ペン氏の選挙公約はユーロ脱退とフランの復活、そして、EU離脱の国民投票とのことですから、彼女が大統領になればEUは崩壊する恐れがあります。どうなるのでしょうか。

先日のマッターホルン開きで欧米に次々と地殻変動が起きているようで、深見先生からのメルマガを拝読してのけぞるばかりに驚きましたが、情勢はどんどんと展開しつつあるようです。

そういえば、ちょうどフランスの大統領選挙(第1回、第2回)が行われるのはゴールデンウィークの頃です。節分神業で出された神事のお取り次ぎもありますので、大事な大事なご神業が今後も続くことになります。

何がベストな未来なのかは、私達にはわかることではありませんが、素晴らしいパラダイム転換が起こり、人々が幸せになることを祈って、北極免因超修法や命乞い形代を奉納させていただきたいと心から思います。


■仏大統領選、ルペン氏が決選投票で対抗馬との差縮める=調査

[パリ 20日 ロイター] - 20日公表の仏大統領選に関する世論調査で、極右政党、国民戦線(FN)のルペン党首が決選投票で対抗馬との差を縮め、勝算を高めていることが分かった。

オピニオンウェイの調査によると、ルペン氏は4月23日の第一回投票で27%を得票し、各20%で並んだ中道・無党派のマクロン前経済相、右派統一候補のフィヨン元首相を大きく引き離す見通し。

その後の決選投票では、マクロン氏の得票率58%に対し42%で、フィヨン氏には56%対44%でそれぞれ敗北すると見込まれている。

ただルペン氏は両ライバルとの差を縮小。1週間前の調査ではマクロン氏の得票率が63─64%、ルペン氏が36─37%だった。

ユーロ圏離脱や欧州連合(EU)離脱の国民投票実施を掲げるルペン氏が決選投票でも他候補を追い上げているとのニュースが重しとなり、仏国債利回りは急上昇した。