ホーキング博士の「世界政府論」。

ホーキング博士が世界政府論を唱えて話題になっています。

何十次元もの世界を頭のなかで明瞭にイメージできるという天才ホーキング博士には、人類が向かいつつある悲劇的な危機がはっきりと見通せるのでしょう。こうした有識者の言葉のひとつひとつを受けて、人類の意識にパラダイム転換が起きれば素晴らしいことだと思います。

もちろん、「世界政府」であれ「世界連邦政府」であれ、「組織」や「機構」を最終目的にするわけではありません。世界政府ができる過程で人類が大きな悲劇を経験するのは本意ではありません。世界政府ができてもできなくても、人類がみんな幸せになる形ならそれでいい話です。

私達としてはただただ人類が一人残らず幸せになり、神界さながらの「ミロクの世」に暮らせる日がくるようにと、大きくて深い愛の祈りを捧げ続けたいと思います。


■ホーキング博士、世界政府創設案を支持する

英国の理論物理学者スティーヴン・ ホーキング博士が、世界政府創設案を支持した。ホーキング博士がタイムズ紙のインタビューで語った。

ホーキング博士によると、現在世界は生物戦争あるいは核戦争によって破壊される脅威にさらされており、これは以前進化に貢献した人間特有の侵略の現れだという。
博士は「我々はこの継承された本能を理論や常識を用いてコントロールする必要がある」と考えを示し、それを可能にするのは「世界政府の何らかのフォーマット」だと指摘した。

なお博士は、独裁などの別の問題が生じる可能性も排除しなかった。

先の報道では、著名な理論天体物理学者スティーブン・ホーキング氏はNASAとの協力の開始を発表した。ケンタウルス座を探求する超高速宇宙船「スターチップ」を開発するという。