それでも北は挑発を続ける?

週末には米空母が到着し、緊張状態がマックスに達する朝鮮半島情勢です。

しかし、理解できないのは北朝鮮がいまだに挑発を続けていること。今度はまた、核実験の準備が着々と進みつつそうです。いったい何を考えているのか不気味ですが、こういうことをやっていると本当に戦争になりかねません。

ワールドメイトで出された深見先生の予言の正確さ、そして、昨年秋から行われてきた神事の意味などを、あらためて痛感させられる事柄が日々、ニュースとして報道されていますが、悪い予言は成就しないことが大切です。

パラダイム転換の命乞い形代や北極免因超修法など、私達にできることはたくさんありますので、まさかの事態に発展しないよう、また、何ごとがあっても大難を小難に小難を無難にまつり変えていただけるよう、日々、祈り続けたいと思います。


■核実験場の活動継続=北朝鮮の最新画像-米研究所

【ワシントン時事】米ジョンズ・ホプキンス大高等国際問題研究大学院の米韓研究所は12日、北朝鮮北東部・豊渓里の核実験場を撮影した最新の人工衛星画像を公開した。過去に実験が行われた北側坑道付近で活動が続いているほか、管理施設や司令室周辺で新たな活動や職員の姿が確認された。

12日に撮影された衛星画像によると、北側坑道の入り口前に小型車両やトレーラーが駐車され、管理施設の敷地内では防水シートに覆われた機材や職員の隊列などが見られた。また、坑道からの排水が過去10日間で減少しているという。(2017/04/13-09:49)